企業で働く会社員にベストな副業と注意点

あなたが企業に勤務していて、空いている時間に別のお仕事をすると、それが副業になります。

メリットとしては月々の給料にプラスして副業の収入が入ってくることですね。

デメリットとしては時間の管理が難しくなる可能性があることです。

あなたが務めている会社が残業もない、土日出勤もない、規則正しい勤務体系なら、まだマシでしょう。

しかし、残念ながら、まだまだ日本の企業では少ないのが現状です。

これに出張などが入るような職種であれば、なおさら、時間の管理は大変になってきます。

これはすべて、あなたの職場環境に左右される話です。

まずは、この点をしっかりと押さえておきましょう。

<注意点!>それは就業規則です。

あなたの勤務している会社が副業を禁止していれば、その時点で、副業はアウトになってしまいます。

最近、いくつかの企業で、本業に支障がない限りは副業がOKになっている場合もあるので、一度、就業規則をチェックしてみましょう。

副業をすることでクビになったり、評価が下がったり、収入を減らされたりすれば、意味がありません。

また、デザイン系などの特化した会社では副業することが問題にならないケースもあるようです。

どちらにしても不明な場合は、一度、信頼できる上司などに相談するのも良いかもしれません。

<時間管理!>あくまでも副業は本業があってこその副業です。

当然ですが、空き時間や休日を利用することになります。

本業の就業を元に副業を探すことになるでしょう。

例えば、早朝や夜間、休日にあたる土日だけのもの、在宅ワークなど。

それぞれに合わせたキーワードを事前に決めておかないと副業を探すことができません。

もちろん、肉体的にも精神的にも本業に支障をきたすものは避けたほうが良いと思います。

身体あってのお仕事ですから、無理は禁物です。

<スキル!>あなたが何かスキルを持っていれば、それを活かすのが副業としてはベストでしょう。

本業と被っているものなら、基本的に就業規則で禁止されている場合でも、その人のスキルアップが見込めて、その会社にとって利益があると認識されたら許可がおりる場合もあります。

これも勤務している会社次第になりますけどね。

副業で、さらに収入をアップさせるのは魅力的です。

ただし、それなりの覚悟が必要であることを忘れないでください。

やる気だけでは、どうしようもない場合も出てくることを承知しておかなければいけません。

無理なく、続けられる副業探し。

難しく感じるかもしれませんが、意外に見つかるものです。

ただし、問題はそれからだということを覚えておいてください。